TyoShinTyo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山一周旅1日目

富士山一周の旅に行ってきました!
前々から日本一の富士山を一周してみたいと思っていたのが事の始まり。
今回の機会を逃すといつ富士山を一周できるかわからないので、大学が休講になっているところに富士山ツアーをねじ込みました。
1日目ルート
富士山に向かうルートはこちら。
片道130km、最大標高1114mを超えて静岡県側の富士宮を目指します。

IMG_1955.jpg
10月29日午前6時、自宅出発。
もう10月の終わりで寒く、上は三着重ね着しないといけない時期なんだなと体感。
山を乗り越えて富士山行くぞ!

IMG_1957.jpg
朝日を浴びる城山ダムにさしかかる。
山に向かうときはこのダムが旅の起点の目印になっております。

IMG_1960.jpg
しばらく走り、山中湖への標識を発見。
ここから先は未知の領域となり、自然と胸が高まります。

IMG_1966.jpg
山々に囲まれながら走っていきます。
朝日が体にあたり、太陽の偉大さを感じます。
この辺りのコンビニで食料、水を買い込み山越えに備えます。

IMG_1982.jpg
最初の山越えでお世話になる道志みちを登ります。

IMG_1987.jpg
いくつかの坂道を超えた後、今回の目標である富士山がチラチラ見えてきました。

IMG_1991.jpg
道の駅どうしで一休みします。
思った以上にバイク乗りが多かった。
バイクで大自然に囲まれた山を登るのも楽しいんだろうなぁ。

IMG_2002.jpg
山頂付近の長い斜面。
木々の紅葉がすぐそばにあって景色を見るのが楽しい!
速度は遅くなるけど、確実にペダルを回し前に進みます。

IMG_2006.jpg
本日の最大標高地点。
このトンネルと超えると・・・

IMG_2009.jpg
山中湖に続く下りに入ります。

IMG_2030.jpg
そして山中湖に到着!
さすがの貫録で、しばらく目を奪われ写真を撮りまくります。
山中湖のサイクリングロードは景色が良くて気持ちいいね。

IMG_2033.jpg
山を越え、ゆったりと平地を走り、昼飯処へ向かいます。

IMG_2035.jpg
本日の昼飯処はここ、麺許皆伝。
行列ができて、なんだか余計に楽しみになってきました。
愛知から観光に来たという2人組のおばあちゃんたちと話しながら順番を待ちます。
トークは自然と富士山についてのこと、いろいろと情報交換を行います。

IMG_2036.jpg
そして欲張りうどんを注文し、食します。
手打ちの麺がしっかりしていて、また色々な具材を楽しめて大満足。

IMG_2046.jpg
西湖、精進湖、本栖湖のあたりで細かいアップダウンが増えてきました。
ここを越えれば本日のホテルに辿りつけるので、もうひと踏ん張り。

IMG_2048.jpg
太陽が落ちてきた。
日没までにホテルに辿りつきたい。

IMG_2062.jpg
道の駅朝霧高原で一休み。
静岡に実家がある友達がお勧めしていたアイスクリームを頂きます。
甘いものを体が欲してる気がします。

IMG_2068.jpg
ススキが一面に生い茂る場所で、昼とは違う夕日を浴びる富士山を眺める。
富士山を回ることで一つの山の色々な景色を楽しめ、嬉しい気持ちになります。

IMG_2072.jpg
太陽が沈む前にホテルに到着!
一泊4000円の素泊まりホテルなので、これから夕飯と温泉を楽しむため再度外出。

IMG_2077.jpg
富士宮と言ったら焼きそば!
うるおいていにて焼きそばとお好み焼きを頂きます。
定員さんが目の前の鉄板で焼いてくれました。
出来立てを頬張ると、とても美味しい!
見て楽しみ、味も良いということでここにきて大正解でした。

IMG_2270.jpg
そして花の湯にて温泉を楽しみます。
去年の長野旅行で温泉に入らず後悔したので、今回は是非入ろうと決めていました。
少し肌寒い中一日を走った体には、温泉は格別ですね。
2時間ほどゆったり湯につかりながら体をほぐし、温まります。

温泉の後ホテルに戻り、富士山一周旅の1日目が終わりました。
明日の富士山の登りを空想しながら眠りにつきます。
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

Goz

Author:Goz
どっかの大学生

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。